スマートフォン用の表示で見る

カタリカタリ

音楽

カタリカタリ

かたりかたり

1996年にボーイスカウトで知り合った幼馴染、河合、小倉の2人が自宅にて4トラックに実験的な録音をはじめる(テレビのリモコンで床をこすった音や、キッチンにて水道の水滴などを録音)。半年後程して、雑誌のメンバー募集にて、長瀬が加入。雑誌募集欄のバンド紹介文は「牧歌的かつ爆発的な音楽」。

 始めは実験的要素が強く、空き缶、ゴムベースなど音の出るものは何でも使用していた。次第にバンドとしてライブに出演し徐々に今のような形になっていく。曲は結成当時から実験的なことをしながらもポップな曲作りにこだわる(フェイバリットアーティストは ポール・マッカートニーローリング・ストーンズザ・バンドなど) 。以後、(小倉オーストラリア留学などで2人のときもあるが)マイペースに録音、名古屋を中心にライブを重ねていく。

メンバー

ディスコグラフィー

7586(ナゴヤロック)

7586(ナゴヤロック)