スマートフォン用の表示で見る

カッシーラー

読書

カッシーラー

かっしーらー

エルンストカッシーラー

Ernst Cassirer

1874-1945

ユダヤドイツ人哲学者であり、コーヘンらに代表される新カント派(マールブルク学派)の立場から出発し、のちに独自の文化哲学を展開する。

『認識問題 第二巻』でベルリン大学の私講師に就き、のちに当時新設のハンブルク大学に転任。1933年、この年成立したナチス政権を避け、国外に移住。最後は米国で没する。

主な著作に『認識問題』(全四巻)

     『実体概念と関数概念』(1910)

     『自由と形式:ドイツ精神史研究』(1916)

  『カントの生涯と学説』(1918)

     『象徴形式の哲学』(全三巻)

     『言語と神話』(1925)

     『個と宇宙:ルネサンス精神史』(1927)

     『啓蒙主義哲学』(1932)

     『英国プラトンルネサンスケンブリッジ学派の思想潮流』(1932)

     『人間:シンボルを操るもの』(1944)

     『国家の神話』(1946)

 

  などがあり、一部(『認識問題』の第一部、第三部)を除き、上記の著作にそれぞれ邦訳がある。