カップ焼きそば現象

アニメ

カップ焼きそば現象

かっぷやきそばげんしょう

みなみけ おかえりの1話において、

千秋焼きそばを食べたい時とカップ焼きそばを食べたい時は別の時。」

冬馬「あぁ、それすごいわかるぞ!あれは別の食べ物だもんな。」

千秋「そうだろう、冬馬。」

千秋焼きそばに近いが勝ってもいないし、負けてもいない。別のもの。カップ焼きそば。」

千秋「このような現象をカップ焼きそば現象と名づけた。」

という千秋と冬馬のやり取りによって名づけられた、日常的に起こる現象のこと。

カップ焼きそば現象の具体例としては、「フジオカ」などが挙げられる。

なお「訪ねてきた親戚の相手をするのが面倒な現象」と「カップ焼きそば現象」はまったくの別物であるので注意。