スマートフォン用の表示で見る

カツゲン

カツゲン

かつげん

雪印メグミルク北海道限定で販売している乳酸菌飲料。カツゲンは元々「活素(かつもと)」という名前。「活」は「勝つ」、「素」は「牛乳の素」の意味。その後、1956年「活源(かつげん)」に名称変更され、北海道内の一般消費者向けに販売が始まり、翌年「カツゲン」とカタカナ表記になった。1979年に名称を「ソフトカツゲン」とし、風味も薄くさっぱりとしたものに変更され現在に至る。

最近では、「ソフトカツゲン」とは別に、季節限定のカツゲンも販売されている。「ゼリーインカツゲン」や「カツゲンゼリー」、「カツゲンアイス」といったカツゲンの風味を生かした製品も存在する。