カテガット海峡

地理

カテガット海峡

かてがっとかいきょう

(Kattegat)

デンマークユトランド半島北東部とスカンジナビア半島との間にある海峡。北海バルト海の間にある水域のうちバルト海に近い南東部(北海に近い北西部はスカゲラック海峡)で、国際水路機関 (IHO) による海域分類では独立した海域になっているが、広義の北海の一部とされることもある。北西へはユトランド半島北端グレネン岬付近でスカゲラック海峡(Skagerrak) と分かれ、さらにその向こうには北海がある。南へは南東のエーレスンド海峡 (Øresund) と南西のストレ海峡? (Store Bælt)、それらの間のシェラン島によりバルト海と分けられている。