カデンツァ

音楽

カデンツァ

かでんつぁ

カデンツァ(Cadenza)

楽曲の終結部直前に挿入されるソリストの即興部分。協奏曲に多く見られるが、声楽曲や器楽独奏曲などにもその演奏が指示されることがある。どちらにおいても、奏者の名人芸が発揮される演奏の見せ場であるのは間違いない。

演奏内容は本来奏者の閃きに任されるべきものであるが、曲の統一感が無くなるのを嫌った作曲者本人によって予め用意されることも多い。またモーツァルト協奏曲など、作曲者の自演を目的として書かれた作品には、自作のカデンツァが残されることが多い。

終結部分より前に挿入される即興的パッセージはアインガングという。