カハ・カラーゼ

Kakhaber "Kakha" Kaladze

グルジアサッカー選手。ポジションはディフェンダー

1978年2月27日生まれ。身長186cm、体重76kg。

News

グルジア議会選挙で勝利した野党連合「グルジアの夢」の首相候補大富豪のイワニシビリ氏は8日、次期内閣の閣僚を発表し、サッカー元同国代表のDFでACミランイタリア)で活躍したカハ・カラーゼ氏(34)を副首相にする意向を明らかにした。(2012年10月8日)

経歴・プレースタイルなど

センターバックサイドバックディフェンシブハーフをそつ無くこなす守備のユーティリティ・プレーヤー。対人プレーの強さなど堅実な守備が持ち味。ミラン移籍時は「マルディーニの後継者」と賞された。

グルジア代表では1996年からプレーし、中心選手として活躍している。

カラーゼの弟誘拐事件

2000年冬にカラーゼの弟レバンが誘拐され、カラーゼのもとに身代金約7000万円を要求する脅迫状が送られた。

長い間カラーゼ本人もオフシーズンなどの合間を縫って捜索に手を尽くし、政府や警察当局を批判して、事件が解決しない場合にはウクライナ代表入りするとまで発表した。

2005年5月10日付のニュースでグルジア首都トビリシ市郊外でバラバラ死体が発見され、所持品などからレバンだという報道があったが、後にDNA鑑定によって別人という結果が出ている。

2006年1月7日に遂に遺体が発見され、FBIによる検査の結果、レバンである事が確認された事がグルジア政府から発表された。また同時に犯人も逮捕したと発表している。この件に関しては、カラーゼ自身のグルジアマフィアとの関わりに関係が有るのではないかとも言われているが、真相は未だ明らかにはされていない。


リスト::サッカー選手