スマートフォン用の表示で見る

カヒミ・カリィ

音楽

カヒミ・カリィ

かひみかりぃ

アーティスト。

1990年嶺川貴子との女性二人組デュオ「ファンシー・フェイス・グルーヴィ・ネーム」でデビュー。

その後、小山田圭吾のプロデュースにより1994年に「Mike Alway's Dialy」でソロ活動を開始。チャーミングなウィスパーヴォイス、およびその美貌と毒のある歌詞で、1990年代に起きた渋谷系ムーブメントの姫的存在だった。

その後、菊地成孔大友良英といった日本のジャズ前衛シーンのミュージシャンらと多くコラボレーションするなど、幅広く音楽活動を続けている。

アルバム

「My First Karie」(1995年)

「Le Roi Soleil」 (1996年)

「Larme De Crocodile」(1997年)

「K.K.K.K.K」(1998年)

「K.K.WORKS 1998-2000」(2001年)

「Trapeziste」(2003年)

「Montage](2004年)

シングル