スマートフォン用の表示で見る

カマトト

一般

カマトト

かまとと

カマトトとは、無知を装い自分をかわいらしくみせること。また、多くはそのような女性を指す。

意味的にも言葉的にも「ぶりっ子」と相性が良く、「カマトトぶりっ子」等と併用されることもある。

由来

「カマボコはトト*1から出来てるの?」と訊くことから。

幕末花柳界で普及したことから女性を対象に使われ、後に「うぶを装うこと」や「うぶな人*2」という意味で使われるようになる。

一旦は死語となったが、宝塚歌劇女優の楽屋言葉(ヅカ言葉)として使われていたことから、現代に受け継がれた。

よく分かる解説

女「ねぇねぇダーリン、これは何かしら?」

男「カマボコっていう食べ物さ」

女「あらそう。ところで、このカマボコっていうものは魚から出来ているものなの?」

男「そうだよ。一見魚とは似ても似つかないのによく分かったね」

女「あら? そうかしら」

男「だって、カマボコを初めて見たんだろう? なんで見たこともないのに魚を思いついたんだい?」

女「それは……」

男「つまりさ、どうして『これは何(からできているもの)なの?』と訊かなかったんだい?」

女「……」

*1:「魚」の上方での幼児語

*2:この場合『かまとと女』ともいう