カミムスビ

一般

カミムスビ

かみむすび

日本神話の神。「古事記」では神産巣日神、「日本書紀」では神皇産霊尊、「出雲国風土記」では神魂命と書かれている。

天地開闢の時、天御中主神高皇産霊神の次に高天原に出現し、造化の三神の1つとされる。本来は性のない独神であるが、造化三神の中でこの神だけが女神であるともされる。また、「先代旧事本紀」においては、高皇産霊神の子であるとも言われている。