カムバック・サーモン

動植物

カムバック・サーモン

かむばっくさーもん

1979年、某酒造会社から始まった「鮭が産卵に戻って来られる川づくり」は「カムバックサーモン運動」と呼ばれ、市民団体を通じ日本各地の河川へと広がり、1981年には、カナダフレーザー川での運動へと拡大した。