カリグラフィー

一般

カリグラフィー

かりぐらふぃー

文字を美しく書く方法のこと。専用のペンを用いて書く点が毛筆を使用する書道と異なっている。

記録媒体としての羊皮紙が高価であったため、その上に記される文字も美しくあるべきだということで、表現を工夫した結果、発明されたといわれている。

アップルの伝説のCEOを務めたスティーブ・ジョブズもかつてはカリグラフィを学んでいた時期があったという。最近であ趣味にする人も多くなってきている。

カリグラフィでデザインされるものはアルファベットだkではなく、イスラム圏のコーランの一部もカリグラフィーを用いられている。タペストリーも存在する。また、活版印刷の発明後も、印刷物の章の最初の1文字はカリグラフィーの主要でデザインされた、通常の活字よりも大きな文字を用いることがあり、直接ペンで描写するという従来の方法以外にも応用されている。

さまざまな書体

  • キャピタル・モニュメンタリス
    • 現代に至る活字書体の原型
  • ローマン・ラスティック
    • 手書きに適した書体として、11世紀頃まで使われる
  • アンシャル体
  • ハーフアンシャル体
    • アンシャル体から生まれた
  • ヒューマニスト
    • 可読性の高さや優美さなどが受け入れられ、やがてローマ教皇庁で教書用に使われ、イタリックの基になった
  • カッパープレート体
    • イタリック体をさらに速く書けるように変化させた結果生まれた