カリフ

社会

カリフ

かりふ

イスラム共同体イスラム国家における指導者や最高権威者の称号。イスラム用語のひとつ。元々、アラビア語で「代理人」を意味する。khalīfa(Caliph)。

概要

イスラム教にて預言者ムハンマド代理人とされ、イスラーム共同体行政を統括し、イスラム信徒にイスラームの義務を遵守させる役割を持つ。西暦632年に預言者ムハンマドが死去し、ムハンマドに代わる指導者としてアブー=バクルが選出されて「神の使徒代理人」を名乗ったことが始まり。その後1517年、マムルーク朝オスマン帝国に滅ぶまでその制度が続いた。しかしオスマン帝国スンナ派ムスリムに影響を及ぼすため、スルタンとカリフを持ち合わせた伝説を流布することにより「スルタン=カリフ制」としてカリフを復活させたが、1922年オスマン帝国の滅亡により「スルタン制」が廃止。1924年には「カリフ制」も廃止された。同年にはフサイン・イブン・アリーがヒジャーズ王国のカリフだと名乗ったが、認められず。

2014年7月には、ISISのリーダーであったアブー・ドゥアによりイスラム国のカリフとして名乗った*1