スマートフォン用の表示で見る

カル・リプケン

Calvin Edwin Ripken Jr.

80〜90年代のMLB選手。通称「鉄人」。

右投右打、ポジションは遊撃手三塁手背番号は8番。193cm。99kg。


1960年8月24日生まれ。米国メリーランド州出身。

1978年、ドラフト2位でボルティモア・オリオールズに入団。

1981年、メジャー昇格。

1982年ア・リーグ新人王を受賞。

不動の遊撃手として1980年代、1990年代のオリオールズを支えた。

また、生え抜きの選手として絶大な人気を誇った。

1991年、34本塁打を記録し本塁打王を獲得、ア・リーグMVPを受賞。

1995年、ルー・ゲーリッグが持っていた2130試合のMLB連続試合出場記録を更新。

1996年、衣笠祥雄が作った世界記録2215試合連続試合出場記録も塗り替える。その後、連続試合出場は1998年の2632試合連続出場まで続いた。

1998年、三塁手に転向。

2001年、現役引退。

実働21年間で通算3001試合出場、通算3184安打、431本塁打、1695打点を記録。

オールスターゲーム出場19回。うちスタメンでの出場16回はMLB記録。


同年、背番号8番がオリオールズ永久欠番となる。


引退後は、オリオールズ傘下の1Aアバディーンのオーナーを務める。

2007年、米国野球殿堂入り。