スマートフォン用の表示で見る

カルテット!人生のオペラハウス

映画

カルテット!人生のオペラハウス

かるてっとじんせいのおぺらはうす

Quartet

スタッフ

  • 監督:ダスティン・ホフマン
  • 製作:フィオナ・ドワイヤー?、スチュワート・マッキノン?
  • 製作総指揮:クリストフ・ダニエル?、マルク・シュミットハイニー?
  • 製作補:クリスティアン・バウテ?
  • 共同製作補:アマンダ・カプラン?
  • 原作戯曲&脚本:ロナルド・ハーウッド
  • 撮影:ジョン・デ・ボーマン?
  • 編集:バーニー・ピリング?
  • 音楽:ダリオ・マリアネッリ

キャスト

概要

引退した音楽家たちのためのホーム【ビーチャム・ハウス】では、ホームの存続をかけたコンサートの準備に追われていた。ここには、愛に心を閉ざし音楽普及に没頭するレジー、キュートさは若い頃のままに痴ほう症が始まったシシー、ハウス1の女好きウィルフという、昔一緒にオペラを歌っていた有名カルテットメンバーが暮らしていた。そんな彼らの元に新たな入居者としてやってきたのは、かつて野心とエゴで皆を傷つけ去っていったプリ マドンナのジーンだった!しかも、レジーとジーンはかつて‘9時間だけ’夫婦だった。そんなジーンも、過去の栄光にとらわれ今や人前では歌えない状態。 時を同じくして【ビーチャム・ハウス】に集ることとなった英国オペラ史に残る4大歌手。果たして過ぎた時間は古傷を癒し、共に過ごすことで彼らはお互いを許しあえるのだろうか。

さらに、コンサートは無事成功をおさめられるか!?

(GAGAサイトより)

ダスティン・ホフマンの長編劇映画の正式な監督デビュー作(『ストレート・タイム?』(1978)はクレジットなし)。

*1:Rated PG-13 for brief strong language and suggestive humor.