カルネアデスの板 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

カルネアデスの舟板

かるねあですのふないた

古代ギリシア哲学者カルネアデス(Carneades)が提唱したと言われる命題。「カルネアデスの板」とも呼ばれる。

1人が海を漂流していて、1枚の舟板が流れてくる。その板は2人が乗る、或いは摑まると沈んでしまうが、1人ならば<問題なく摑まって生き延びることが出来る。この時、どちらかが相手を蹴落とし、1人だけ生き残った場合、その行為を罪と問うことが出来るかどうか。

相手を殺してでも生き残るか、それとも自分が死ぬか、究極の選択であることの例え。

参照:カルネアデス