スマートフォン用の表示で見る

カルピス

カルピス

かるぴす

飲料として

ソフトドリンク。白い飲み物。1919年7月7日発売。

原液はかなり甘いので水で薄めて飲む。

水で割るという手間を省いたカルピスウォーターの大ヒットも記憶に新しい。

カルシウム「カル」サンスクリット語の「最上の味」を意味する「サルピス」との合成語。アサヒ飲料登録商標

欧米では「カウピス(cow piss)=牛のおしっこ」と聞こえてしまうことから、「カルピコ(CALPICO)」として販売される。

会社として

カルピス株式会社。旧社名「カルピス食品工業」。

会社としてのカルピスは無借金経営の優良企業であったが、カルピス以外のヒット商品が見えなかったこともあり、1990年味の素第三者割当増資を行い、味の素グループ入りする。

1997年に、特定保健用食品として「カルピス酸乳/アミールS」を発売。

2007年に味の素との株式交換により、同社の完全子会社となり上場廃止

2012年にアサヒグループホールディングス味の素より買収。

様々なカルピス

水玉模様の由来

天の川をイメージして1922年にデザイン変更。当時は青地に白だった。

白地に青になったのは1953年

関連商品

カルピス 希釈タイプ 470ml

カルピス 希釈タイプ 470ml

カルピスウォーター 500ml×24本

カルピスウォーター 500ml×24本