スマートフォン用の表示で見る

カルメロ・ベーネ

アート

カルメロ・ベーネ

かるめろべーね

カルメロ・ベーネCalmero Bene (1937-2002)

イタリアの俳優、劇作家、演出家、映画監督

■年譜

1937年イタリアのプーリア州レッチェのカンピサレンティーナに生まれる。

    アカデミア・デラルテ・ドラマティカで学ぶ。

1959年カミュカリギュラ」に出演。共同演出A・ルッジェーロ。

1960年、「マヤコフスキー協奏演劇」

1961年、「カリギュラ」(2版)

    「ジキルとハイド」    

    「三つの一幕」

    「グレゴリオ、800年のキャバレー

    「ピノッキオ」

    「ハムレット

1962年、「マヤコフスキー協奏演劇 二版」

    「マヤコフスキー協奏演劇 三版」

1963年、「さようなら、豚(「グレゴリオ、800年のキャバレー」二版)」

    「キリスト'63」

    「エドアルドII世」原作マーロウ

    「ユビュ王」原作ジャリ。

1964年、「サロメ

    「ソーニービーンの話」

    「マノン」原作プレヴォ

1966年、「ファウストまたはマルゲリータ

    「ピノッキオ」二版

    「バラと黒」原作 M. G. ルイス「修道士」。

    「トルコ聖母

     ベーネを震源としローマにてアンダーグラウンド演劇運動が起きる。ローマ派と呼ばれる。

1967年、「サロメ

    「ハムレットまたは子の悲しみ」

    「サルヴァトレ・ジュリアノ、バラ色のバラの人生」

     パゾリーニの映画『アポロンの地獄』出演。クレオン役を演じる。

1968年、「Arden of Feversham; di anonimo elisabettiano」

    「マヤコフスキー協奏演劇 四版」

    「ドン・キホーテ

    映画「エルミタージュ」

    映画「トルコの聖マリア」ヴェネチア映画祭で、ベルトルッチの『パートナー』とともに衝撃を与える。審査員特別賞受賞。

1969年、映画「カプリッチ」カンヌ映画祭出品。

1970年、映画「腹話術」

1971年、映画「ドン・ジョヴァンニ

1972年、映画「サロメ

1973年、映画「マイナスハムレットUn Amleto di meno 」原作ジュール・ラフォルグハムレットあるいは子の悲哀」。

    「トルコ聖母」二版。

1974年、「道化の晩餐」

    「ハムレット

    「S.A.D.E. ovvero libertinaggio e decadenza del complesso bandistico della Gendarmeria salentina」

1975年、「ハムレット

1976年、「ファウスト-マーロウ-バーレスク

    「ロミオとジュリエット

     ブラジルの映画作家グラウベル・ローシャの映画「クラロClaro」出演。

1977年、「ロミオとジュリエット」「S.A.D.E.」二版。

     「リチャードIII世」

1979年、「オセロ

    「マンフレッド」原作バイロン、音楽シューマン

    映画版「オセロ」も作り始める。

1980年、「マヤコフスキー協奏演劇(マヤコフスキー、ブローク、エセーニン、パステルナーク)五版」

     「ヒュペーリオン」原作ヘルダーリンブルーノ・マデルナによるオペラ

1981年、「神聖喜劇 “ダンテ朗唱”」

    「ダンテ朗唱とエドアルド」 

    「ピノッキオ」

1982年、「オルフェウスの歌、ディノ・カンパーナの詩と音楽」

1983年、「マクベス

     「エグモント(ゲーテの肖像)」。音楽ベートーヴェン

    「…私は見る… 」 ヘルダーリンレオパルディによる。

1984年、「アレッサンドロ・マンゾーニのアデルキ」

1985年、「オセロ」二版

1986年 「ロレンザッチョ」原作ミュッセ。

1987年、「カンティ」レオパルディ

    「ハムレットのためのオムレット  ジュール・ラフォルグオペレッタ草稿による」

1989年、「道化の晩餐」二版

    「ペンテジレーア 俳優機械-機械の俳優」原作スタティウス、クライスト、ホメロス

1990年、「ペンテレジーア」

1994年、「ハムレット組曲」原作ジュール・ラフォルグシェイクスピア演劇祭。

    「オルフェウスの歌、ディノ・カンパーナの詩と音楽」

1996年、「マクベス:恐怖組曲アルトー生誕百年記念。音楽ヴェルディ

1997 年、「マンゾーニのアデルキ 二版、アントニオ・ストリアーノのためのコンチェルト形式の演劇」

   「カンティの声:レオパルディ、コンチェルト形式の演劇」

1998年、「ピノッキオ」

1999年、「ガブリエル ダヌンツィオ、俳優によるコンチェルト詩編「イオリオの娘」

2000年, 「アキレスの弱さのなかで、トロイアシロッコの不可能組曲」原作スタティウス、クライスト、ホメロス

2001年、「ダンテ朗読」

2002年5月、逝去。


参考資料

http://www.fondazionecarmelobene.it/

http://it.wikipedia.org/wiki/Carmelo_Bene

ジル・ドゥルーズ「マイナス宣言」in「重合」法政大学出版局

ジル・ドゥルーズ「マンフレッド、なみはずれた革新」in「狂人の二つの体制」河出書房新社

重合 (叢書・ウニベルシタス)

狂人の二つの体制 1975-1982