スマートフォン用の表示で見る

カルロス・サインツ

スポーツ

カルロス・サインツ

かるろすさいんつ

Carlos Sainz

1962年4月12日生まれ。スペイン出身。通称「エル・マタドール」。

今でこそフェルナンド・アロンソが出てきたものの、未だスペインモータースポーツ界の英雄。

90年、92年にWRCドライバーズタイトルを獲得。

2004年アルゼンチンにて史上最多の26勝を挙げる。

元々はサーキットレースにも出場していたからか、かなり細かいセッティングを好む。

またチーム全体の戦闘力を向上させる手腕などから「勝利の錬金術師」の異名も持つ。

特に日本車に押されに押されていた90年代終盤、フォードを再建したのは見事の一言。

毎レース地道にポイントを重ねタイトル争いに絡むものの、後一歩で涙を呑むことが多い

悲運の闘将でもある。

息子カルロス・サインツJr.もレース界に進み、2015年トロ・ロッソからF1デビュー。なお個人的な意向によりドライバーネームから「Jr.」は外され、「カルロス・サインツ」名義で出走している。