カルヴィン・ハリス

音楽

カルヴィン・ハリス

かるびんはりす

スコットランド生まれのロンドン育ち、Calvin Harris。

80年代のポップス〜ディスコを基本とした音作りがMySpaceで話題になり、

楽曲をアップしてからわずか3ヶ月でデビューが決まる。


デビュー・シングル「Acceptable In The 80's」はUKシングル・チャートで10位を記録。

その後も「The Girls」など着々とヒットを飛ばし、

2008年のディジー・ラスカルとの共演トラック「Dance Wiv Me」はU.Kチャート1位を見事記録。

iPod nanoのCMでは1stアルバム「I Created Disco」のジャケが登場し、

その存在をお茶の間まで広く知れわたらせる。


2009年春にリリースしたシングル「I'm Not Alone」はU.Kシングル・チャートを2週連続1位を獲得。

また、同年2ndアルバム「Ready For The Weekend」を発表し、このアルバムに収録された

「Yeah、Yeah、Yeah、La、La、La」はコカ・コーラのCMに起用された。