カレラ

カレラ

かれら

ワインの銘柄。またワイナリーの名前。主にピノ・ノワール単一種のワインを生産する。

「カレラ」のオーナージョシュ・ジェンセン氏は、イギリス留学中にワインに魅せられ、フランスに行ってDRCで働き、その後「DRCに負けないワインを作る!」と決意し、カレラを設立した。

そのあまりのおいしさから、衛星でDRCと同じ土壌(テロワール)を持つ土地を探した、カレラのピノ・ノワールはDRCから苗木を株分けしてもらったなどの噂もある。

ブランドとして、本人の名前を冠したジェンセン、ミルズ、リード、セレックを擁している。

少し前はモーターハウスがシャトーだったが、いまでは立派な建物になってるそうです。