スマートフォン用の表示で見る

カワカミプリンセス

スポーツ

カワカミプリンセス

かわかみぷりんせす

(父)カワカミプリンセス

生年月日2003年6月5日生まれ・牝・鹿毛
生産者三石川上牧場(北海道三石)
キングヘイロー
タカノセクレタリー
母の父Seattle Slewシアトルスルー
馬主(有)三石川上牧場
管理調教師西浦勝一栗東
競走成績17戦5勝
主な勝ち鞍優駿牝馬 秋華賞
備考2006年JRA賞最優秀3歳牝馬最優秀父内国産馬


カワカミプリンセス栗東トレーニングセンター西浦勝一厩舎に所属した競走馬。2006年の優駿牝馬秋華賞を制した。


2006年・2007年(3歳・4歳シーズン)

2006年2月にデビューすると500万下、トライアルスイートピーSと3連勝でオークスに駒を進め、3番人気で出走し優勝。クリフジ、ミツマサ、ミスオンワード以来4頭目の無敗のオークス馬となった。夏を休養にあてステップレースを使わず望んだ秋華賞も制し、無敗でのオークス秋華賞制覇は史上初の快挙となる。変則三冠勝利の期待がかかったエリザベス女王杯は1位で入線したが、最後の直線でヤマニンシュクルの進路を妨害したため12位に降着となった。2007年シーズンはヴィクトリアマイルにぶっつけで挑戦、2007年2月で引退した本田優騎手から武幸四郎騎手に乗り替わったもののレースは10着とデビュー以来初の大敗を喫し、続いて出走した宝塚記念は6着だった。その後札幌記念を目指し調教されていたが7月26日に右第1趾節種子骨の骨折が判明し約11ヶ月休養した。

2008年・2009年(5歳・6歳シーズン)

5月の金鯱賞でレースに復帰し3着。横山典弘騎手に乗り替わり府中牝馬Sエリザベス女王杯共1番人気に推されたものの、それぞれ惜しい内容での2着。有馬記念は7着に終わった。2009年シーズンは京都記念大阪杯で入着したもののヴィクトリアマイルウオッカの8着、府中牝馬Sも1番人気に推されながら6着だった。エリザベス女王杯勝ち馬に1秒6差の着外に終わり引退することになった。2009年11月19日付で競走馬登録を抹消し北海道新ひだか町の三石川上牧場で繁殖入りする予定。


カワカミプリンセスの血統


キングヘイローダンシングブレーヴ
*Dancing Brave
LyphardNorthern Dancer
Goofed
Navajo PrincessDrone
Olmec
グッバイヘイロー
*Goodbye Halo
HaloHail to Reason
Cosmah
Proud FoolishSir Ivor
Squander
*タカノセクレタリーSeattle SlewBold ReasoningBoldnesian
Reason to Earn
My CharmerPoker
Fair Charmer
Summer SecretarySecretariatBold Ruler
Somethingroyal
Golden SummerKey to the Mint
Summer Guest


リスト::競走馬

目次
    • (父)カワカミプリンセス
    • 2006年・2007年(3歳・4歳シーズン)
    • 2008年・2009年(5歳・6歳シーズン)
    • カワカミプリンセスの血統