カワサキ・GPZ900R

一般

カワサキ・GPZ900R

じーぴーぜっときゅうひゃくあーる

カワサキ・GPZ900R(ジーピーゼットきゅうひゃくアール)は、1984年に市販されたカワサキ川崎重工業)のオートバイ、新世代スポーツツアラーである。北米仕様にはNinjaニンジャ)のペットネームが付けられた。

それまで製造されていたGPz1100Z-1以来の伝統を持つ空冷4気筒エンジンを採用していたが、これ以上の性能向上は望めず、重量が大きすぎるため運動性を損なっていた。

そこで、より小型で高出力なエンジンとコンパクトな車体を組み合わせることによって、GPz1100以上の動力性能とワンクラス下の俊敏さを併せ持ったロードスポーツを実現すべく、GPZ900Rが開発された。エンジンは全く新しく設計された水冷第1世代で、908ccの排気量で115psを発揮し、当時としては一流の性能だった。また、それを支える車体はラバーマウントを持たずにリジッド締結としたハイテンションスチール(高張力鋼)製で、ダウンチューブを廃止した代わりにエンジンそのものをストレスメンバーとして使用する、ダイヤモンド式フレームを採用し、小型・軽量化に貢献していた。また、空気抵抗を抑えるフルフェアリングと16インチフロントホイールの採用も当時は目新しい点だったと言える。

結果としてGPZ900Rの最高速度は250km/hをマークし、GPz1100よりも若干馬力で劣りながらも、速度・加速性・コーナリングなどすべての面でGPz1100を上回る軽快なスポーツ車が誕生した。

なお、ボア・ストロークをダウンした「GPZ750R」(748cc/77ps・G1-G3)が、北米を除く各国に輸出されたが国内では750cc超の大排気量車の販売が1991年まで自主規制されていた関係上、日本国内市場向けとしては750のみの販売となった。 しかしオリジナルを求める国内のライダーの需要が多く、多数のGPZ900Rが逆輸入と言う形をとって国内で登録された。

当該車輌は、米国映画「トップガン」の劇中車として使われたのが発端で、“ニンジャ”の世界的な人気を巻き起こした。