カワラバト

動植物

カワラバト

かわらばと

河原鳩学名:Columba livia)

ハト目ハト科カワラバト属に属する鳥類の一種。本来ヨーロッパ中央アジア北アフリカなどの乾燥地帯に生息する鳥だったが、人に馴れやすいため家禽化され、食用伝令用として利用されたほか、愛玩用の品種も多数作られた。日本にいつ渡来したかは定かではないが、一説には飛鳥時代、残存する記録では平安時代に「イエバト(鴿)」の語が見られ、「ヤマバト(鳩)」とは区別されていた。従って、今から1000年以上前に、すでに身近に存在していたものと考えられる。室町時代から「たうばと(塔鳩)」、これに加え、安土桃山時代には「だうばと(堂鳩)」と呼ばれ始めている。「ドバト土鳩)」いう語が登場するのは、江戸時代である。カワラバトは学術的には日本の在来種(元来から生息していたネイティブ野鳥)ではない。このため、日本語のカワラバト・家鳩・塔鳩・堂鳩・ドバトという言葉の間の線引きは曖昧であり、歴史的に様々な呼び方がされて来たものの、学術的には同じ種である。

カワラバトは日本ではかつて狩猟対象だったが、伝書鳩を撃ってしまう危険性がある等の理由から、本種はその対象から外された経緯がある(飼鳥を射殺すると動物愛護法に触れる)。なお、日本でカワラバトの次によく見かけるキジバト雉鳩)は現在でも狩猟対象である。