スマートフォン用の表示で見る

カンカン踊り

一般

カンカン踊り

かんかんおどり

刑務所に収監される受刑者が、身体検査の時に身体に不審なものを着けていないか、全裸で両腕を頭の上に組まされた上で足踏みさせることを通称して呼ぶ。

実際には検査の意味より、より強い屈辱感を与え刑を重いものにする。或いは刑務官への服従心を植えつける目的が強い。

現在は,昼間の工場配役より居室へ戻る際に浴場に併設された検身場にて,入浴と同時に行われていることが多い。

実際に工具や金属片などを身体に隠し持ち,居室へ入れること事案が多発しており,廃止することは難しいとされる。