ガウチョ

一般

ガウチョ

がうちょ

(西:Gaucho?

アルゼンチンウルグアイブラジル南部のパンパ(草原地帯)やアンデス山脈東部に17世紀から19世紀にかけて居住し、主として牧畜に従事していたスペイン人先住民その他との混血住民。ガウチョはグアラニー語の「孤児」や「放浪者」を指した言葉が語源とされるが、マプーチェ族の言葉で「友達」(ガチュ)を表していたという説や、南ブラジルの方言で「牛殺し」(ガウデリオ)を表していたとも言われている。

関連

ガウーショ(葡:Gaúcho?