ガエリオ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

ガエリオ・ボードウィン

がえりおぼーどうぃん

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するキャラクター。担当声優松風雅也

地球の各国連合の総意によって設立された治安維持組織「ギャラルホルン」に所属する武官で階級は特務三佐。マクギリス・ファリドの補佐を務める。

ギャラルホルンを束ねる「セブンスターズ」の一家門であるボードウィン家の嫡男で、実妹にアルミリア・ボードウィンがいる。同じく名門家出身のマクギリス・ファリドは幼少期からの友人。カルタ・イシューとも幼い頃からの付き合いだが、苦手意識を抱いている。育ちの良さから来るまっすぐな正義感の持ち主で、マクギリスと共にギャラルホルンの改革を目指している。優秀なモビルスーツパイロットで、専用にカスタマイズされたシュヴァルベ・グレイズに搭乗する。

監査官として火星派遣されたマクギリスを護衛するため同伴。三日月・オーガスの駆るガンダム・バルバトスを擁する鉄華団と邂逅する。クリュセ郊外を探査中、クッキー・グリフォンクラッカ・グリフォン姉妹を車で轢き殺しそうになり、それに怒った三日月に殺されかける。マクギリスがお詫びとしてチョコレートを姉妹にプレゼントしたことでその場は収まったが、三日月に対して強い敵意を向けるようになる。火星軌道上での戦闘では、三日月から「チョコレートの隣の人」として認識されていた。その後はマクギリスと共に地球へ帰還し、クランク・ゼントを殺した三日月ら鉄華団への復讐を誓うアイン・ダルトンを部下に加える。この後にシュヴァルベ・グレイズをアインに譲り、自身はガンダム・キマリスに乗り換える。ドルトコロニーでの三日月との再戦時には、名乗ったものの「ガリガリ」と呼ばれてしまう。

地球軌道上での鉄華団との戦闘で、自身を庇ってアインが瀕死の重傷を負う。禁忌とされていた阿頼耶識システム施術を受けさせれば、アインが一命を取り留めることを知らされ、当初は反対していたが、マクギリスの説得を受けて、悩みながらもアインに阿頼耶識システム施術を受けさせる。しかし、グレイズ・アインの生体パーツとしてモビルスーツに一体化する形でアインは生きながらえたことや、アインの鉄華団に対する復讐心が苛烈なものとなったことで、さらに苦悩が深まっていく。

エドモントン攻防戦ではガンダム・キマリストルーパーに搭乗してグレイズ・アインと共に出撃するが、ガンダム・バルバトスとの戦闘の最中、マクギリスの駆るグリムゲルデの介入を受ける。マクギリスの真意を知らされて怒りを覚えるが、激闘の末にコクピットを貫かれ生死不明となる。