スマートフォン用の表示で見る

ガオガイガー

アニメ

ガオガイガー

がおがいがー

「勇者王ガオガイガー」(および同シリーズ)に登場する巨大ロボット。本来は三重連太陽系の再生プログラム?であるソール11遊星主?に対するアンチプログラムとして作られた宇宙メカライオン・ギャレオン?と、GGG行動隊長・獅子王凱フュージョンする事によって変形したメカノイドガイガーを中心に、同機と3機のガオーマシン(ライナーガオー・ドリルガオー・ステルスガオー)がGGG長官・大河幸太郎の承認の下、ファイナルフュージョンする事によって完成するスーパーメカノイド?。同シリーズでは2種類のガオガイガーが存在する。

ガオガイガー

全高 31.5m / 重量 630.0t / 内蔵タンク総量 264.2t / 最高走行速度 時速172km / 最高飛行速度 マッハ3.0 / 最大出力 750万kw

ガイのGストーンに反応したギャレオンブラックボックス。そこから得たジェネシックガオガイガーの断片的なデータを基に建造された。ゾンダリアン、対機界原種戦の主戦力としてディバイディングドライバー?やガトリングドライバー?などと言った各種特殊ツールを駆使して戦う。

接近格闘戦を前提としており、右腕のブロウクンマグナム?、左腕のプロテクトシェード?、両膝部のドリルニー等の武装がなされている。GSライドは機動部隊最多の4基を備えており、また核となっているサイボーグ・ガイ?の感情の高まり次第では、時として超竜神を上回るパワーを発揮する。必殺技は右手の攻撃のパワーと左手の防御のパワーを融合させたヘル・アンド・ヘヴンと、ゴルディオンハンマーにマーグハンド?を装着して放つハンマーヘル・アンド・ハンマーヘヴン。基本的にガイの意志で動くが、危機に際してギャレオン?が強制的に制御する場合もある。

スターガオガイガー

全高 31.5m / 重量 716.0t / 機関形式 ウルテクエンジン? / 最大出力 3.8×109kw

EI-01戦の後に来襲した3体の原種になすすべもなく破壊された後、ウルテクエンジンを搭載しパワーアップして復活した姿。だが高々度戦闘時、ウルテクエンジンの高出力にバーニアが耐え切れなかった為、対宇宙戦闘用としてステルスガオーIIが用意された。このステルスガオーIIに搭載されたファントムリング?により、より攻撃力の高いブロウクンファントム?や、防御力の高いプロテクトウォール?などが使用可能となった。