スマートフォン用の表示で見る

ガガスバンダス

マンガ

ガガスバンダス

ががすばんだす

ガガスバンダスとは、阿部共実の漫画作品『空が灰色だから』に登場する謎の言葉である。

概要

空が灰色だから』第12話「ガガスバンダス」にて登場(初出:『週刊少年チャンピオン 2012年1月19日号』)。 AをBで「炊く」行為とされる。しかし、その行為の目的や手段ははっきりしない。

この物語の主人公である少女「憐」は、友達二人との会話で常識のように使われる「ガガスバンダス」という謎の言葉に困惑し、見栄を張って知ったかぶったり、正直に「知らない」と告白したりするが、結局真実にたどり着くことは出来なかった。

ガガスバンダスの特徴

憐の友達の少女二人による、断片的な情報を以下に記す。

ガガスバンダスの例

  • 「女のプライド」を「アイツの雪かき機」で炊く・・・北海道産は本物のため、リアル系ストリートなミックスである。
  • 「好きな人の笑顔」を輸入物の「少女の残酷な裏切り」で炊く・・・外国産は逃げ。
  • 「優しいおばあちゃん」を「思い出のランドセル」で炊く・・・攻めすぎ。ガガスバンダス廃人の行為である。仮にその発想があっても実行できるのがクレイジー。