ガダルカナル島の戦い

社会

ガダルカナル島の戦い

がだるかなるとうのたたかい

1942年、太平洋戦争中、日本軍連合軍ソロモン諸島ガダルカナル島を巡って繰り広げた戦い。

両軍多くの軍艦航空機が沈むこととなった。

概要

日本軍は、将来の米軍の反攻拠点となりうるオーストラリア孤立させるのためフィジーサモアを攻略作戦(FS作戦)を計画。

そのための飛行場建設地をソロモン諸島ガダルカナル島に決定。

これに対し、米軍は早くも1942年7月2日に対日反抗作戦ウォッチタワー作戦を開始(この攻略目標がガダルカナル島であった)

日本軍ガダルカナルに固執し、補給と開放のために多くの戦力を当てた。このためガダルカナルやその付近で両軍の死闘が繰り広げられることとなる。

結果1942年8月から11月の間に第一次ソロモン海戦、サボ島沖夜戦、第三次ソロモン海戦、ルンガ沖夜戦がおき、平均して週一で海戦が行われるという異例の事態に陥った。

日本軍艦18隻、連合軍艦26隻、航空機多数が数ヶ月の間でこの海峡に眠り、海底が鋼鉄だらけになったことから、この海域は鉄底海峡(アイアンボトム・サウンド 英:Ironbottom Sound)といわれるようになった。

地上戦を含めた6ヶ月間に及ぶ戦闘となったが、日本軍は継戦能力の限界を超えた状況で大敗、撤退。連合軍太平洋戦線での反攻の開始を意味し、日本軍にとっては敗北の始まりであった。