スマートフォン用の表示で見る

ガボール

一般

ガボール

がぼーる

シルバーアクセサリーの有名ブランド。

クロムハーツに匹敵する地位とお値段。

ナギー「生前」と「死後」の品質については賛否両論があり、

オークションでナギー生前のものが高く取引されているのはこの事のため。

有名人の愛好家も多く、ガンズアンドローゼスやエアロスミスが有名。



※以下詳細


・ブランド誕生とデザイナーの経緯


今は亡きデザイナーガボールナギー」氏が設立

1953年ハンガリー生まれ。

14歳頃から銀細工を学んだ彼は工房で10年ほど経験を積み、フリーデザイナーとしての道を歩み、25歳頃に渡米する。


当時のアクセサリーというのはあくまで「女性が着けるもの」という概念であったが、

ナギーは「男性用のアクセサリーがあってもいいじゃないか」という視点で製作を開始。

ベニスビーチに小さな工房を構え、オリジナル作品を世に送り出していった。

1988年頃ガボールラボラトリー(実験室)をもじり、ガボラトリーと自分の工房を名づける。

ブレスレットなどのTバーにこのガボラトリーという文字が彫られているのは、この事から。

作品の有名なものにハッピースカルがある。


・人気爆発


日本におけるクロムハーツブームはシルバーアクセサリーブームを呼び、

どちらかというと綺麗目なデザインのクロムハーツに対して、

楽しそうに笑う骸骨や、噛み付くブルドックなどの、迫力のあるガボールのデザイン

は男性を中心に大きな人気を呼び、カリスマブランドとして君臨する存在になった。


ナギーは45歳の時、心不全によって突然この世を去り、永遠のカリスマと化した。

その後ナギーの妻マリアと弟子スティーブ・ガーラックと権利問題でトラブルが発生。

現在はマリアを中心にガボールは今も存続し、活動中である。



ガボールナギー語録>


アメリカでは金があってもコネがなければガボールのシルバーアクセサリーは買えない。

ガボールのシルバーアクセサリーは永久保証。どんなに昔のものでも直す。直せなかったら新しいのをやる。

ガボールのシルバーアクセサリーにはそれなりの金額を払ってもらう。どんなに時間が経っても価値が下がらないものを作っているから。