スマートフォン用の表示で見る

ガムラン

音楽

ガムラン

がむらん

インドネシア民族音楽。音楽自体と演奏に用いられる楽器群の両方を意味する。叩くことを意味する「ガムル」の名詞形なので、「ガムラン」は言ってみれば「叩く音楽」、「叩く楽器」ということになる。インドネシアの中でも、中央ジャワジョグジャカルタ、スラカルタ)、西ジャワ(スンダ)、バリにおけるガムランが特に有名。楽器編成は、ガムランの種類によって様々だが、ゴング類の金属打楽器と鍵盤のある金属打楽器、そして太鼓が中心となって構成される。よく「青銅の交響楽」といった例え方をされる。