スマートフォン用の表示で見る

ガルスJ

アニメ

ガルスJ

がるすじぇい

機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツ

グリプス戦役後、ネオ・ジオン地球侵攻用に開発した陸戦用MS。型式番号はAMX-101。

MS-07 グフの設計思想を受け継ぎ、重装甲と近・中距離戦に比重が置かれた設計になっている。

アクシズへ合流した旧ジオン公国出身の技術者が開発に携わっているため、旧公国軍MSの影響が強い一方で、ガンダリウム合金やムーバブル・フレームなどの新技術も導入された機体となっている。 中距離支援用のAMX-102 ズサと連携して作戦を遂行することを前提としているため、汎用性は低いが局地戦で性能を発揮する。胸部両側のミサイルポッド、左手の指先に5連装マシンガンなどの固定兵装に加え、手持ち兵装としてエネルギーガンと呼ばれる独特な構造のビーム砲を装備可能。

サイド1シャングリラにおいてマシュマー・セロによって実戦試験が行われた。シャングリラに入港していたアーガマを強襲するのに使われた。量産後はアクシズの警備やミンドラなどに配備され、グレミー・トトの反乱の時にも使用された。

派生機としてAMX-101KガルスK、AMX-101Eシュツルム・ガルスがある。