ガンシュー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

ガンシューティングゲーム

がんしゅーてぃんぐげーむ

コンピュータゲームのジャンルで、シューティングゲームの一種。

バーチャコップ」や「タイムクライシス」、「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」の様に、銃型のコントローラで画面の敵を撃つゲーム。略してガンシューとも。

初期のころは筐体すえ付けの小銃コントローラを使うタイプが主流であったが、「筐体とは独立しており、実際に手に持ってプレイ出来る拳銃型コントローラ」が発明され*1、それに伴いスクリーンを大型化したり拳銃型以外のコントローラ(ライフル・ショットガンサブマシンガンスナイパーライフルに果ては杖やホースなど)を売りにしたりと、一種の体感ゲームとして人気を泊した。「ロストワールド」(セガ)のジープ型大型筐体や、モーションセンサーを搭載した「ザ・警察官」(コナミ)と言った機種はまさに「体感ゲーム」である。


一般的な電子銃では、コントローラ(銃)側にスキャナを搭載し、ゲーム画面の走査線を感知して着弾点を判定する様になっている。そのため、ブラウン管型筐体でもプロジェクター型筐体でも全く同じコントローラが使用出来る。

また、電子銃ではなく、実際にコントローラからBB弾を発射するガンシューティングゲーム「ガンマニア」(コナミ)も発売された。これはビデオゲームよりもエレメカに近い。

プラズマテレビ液晶テレビでは従来の走査線方式が使えないため、赤外線を利用して画面位置を判定する方式が採用されている。


家庭用向けゲームとしては、スーパースコープ任天堂スーパーファミコン用)やガンコンナムコプレイステーション用)のように銃を模した専用のコントローラが発売されている。また、Wiiの標準コントローラとなっているWiiリモコンは、銃型アタッチメントに装着することで専用コントローラのようにガンシューティングを遊ぶことができる。

*1:シュータウェイ/ナムコが走りか