スマートフォン用の表示で見る

ガンダム・グシオン

アニメ

ガンダム・グシオン

がんだむぐしおん

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ

型式番号はASW-G-11。

厄祭戦」末期に姿を現したガンダム・フレームモビルスーツ

ガンダムとは思えないずんぐりした巨体が特徴。エイハブ・リアクターを二基搭載し、高出力に任せた超重装甲装備が施されており、装甲の内部には大容量の推進剤タンクを搭載し、機体重量に伴う燃料消費のリスクを軽減している。単独での飛行距離は短く、長時間に及ぶ戦闘には不向き。主武装は巨大なグシオンハンマーとサブマシンガン

宇宙海賊「ブルワーズ」のクダル・カデルの搭乗機。鉄華団との戦闘では、三日月・オーガスの乗るガンダム・バルバトスに次第に追い詰められていき、コクピットを貫かれてクダル・カデルは死亡。その後、タービンズの手によって全面改修され、ガンダム・グシオンリベイクとして生まれ変わった。

アーブラウ代表選挙を巡る戦いの後、テイワズの技術部門がオーバーホールし、ガンダム・グシオンリベイクフルシティとして外装・武装を一新した。