バルバトスルプス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

ガンダム・バルバトスルプス

がんだむばるばとするぷす

アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ。2nd seasonでの主人公機。

三日月・オーガスが搭乗する鉄華団ガンダム。300年前の「厄祭戦」に用いられていたガンダム・フレームの一機。型式番号はASW-G-08。

アーブラウ代表選挙を巡る戦いの後、ダメージの蓄積が著しくなったガンダム・バルバトスを、テイワズの技術部門が歳星のMS工房でオーバーホールし、外装・武装を一新した機体。「ルプス」とは歳星の整備長が付けた名で、ラテン語で「狼」を意味する。

三日月の過去の戦闘データを元にさらなる反応速度と機動性の向上が図られ、阿頼耶識システムを通じたパイロットと機体の同調もさらに推し進められている。また、軽量かつ避弾経始に優れた曲面装甲を採用することで、ダメージを最小限に抑えつつ得意の近接戦闘に持ち込めるよう設計されている。

武装は腕部200mm砲、メイスと剣の特性を併せ持つ長大な「ソードメイス」、乱戦に適した小型の「ツインメイス」2基。