キータクラー

マンガ

キータクラー

きーたくらー

桂正和による日本のSF漫画作品『ウィングマン』に登場する、悪の組織の幹部キャラクター。

主人公広野健太に近づくため三次元人に変身し、北倉俊一の名前で教師として仲額中学校に赴任、ヒーローアクション部の顧問になる。

支える悪のボスであるリメルが倒された後、帝王ライエルの元に身を寄せ、ウイングマン=健太をライバルとする孤高の宿敵キャラクターとなる。

帝王ライエルをウィングマンが破った後、ウィングマンと再戦し敗れる、その後真の姿を表したライエルとウィングマンの戦いで、ライエルに組み付いて動きを封じともに散っていった。