スマートフォン用の表示で見る

キエフ大公国

地理

キエフ大公国

きえふだいこうこく

9世紀後半から1240年にかけてキエフ首都とした東欧の国家。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフ落城し、事実上崩壊した。国民国家史観を中心とした研究史においては、ウクライナベラルーシロシアの三国の共通の祖国とされる。