スマートフォン用の表示で見る

キケロ

一般

キケロ

きけろ

マルクス・トゥッリウス・キケロ [Marcus Tullius Cicero] (前106-前43)

キケローとも。英語読みではシセロとなる。

古代ローマ政治家・雄弁家・哲学者。博学・多才と雄弁で名声を得、三頭政治の開始以来共和政擁護を主張。アントニウスと対立し暗殺された。その文体はラテン語散文の模範とされる。また、ギリシャ哲学ラテン語に翻案してローマ世界に導入し、のちの西欧世界に大きな影響をおよぼす。著作に『国家について』『法律について』『トゥスクルム荘対談集』『弁論家について』『善と悪の究極について』『義務について』『友情について』などがある。

参考文献

キケロの著作

二次文献