スマートフォン用の表示で見る

キシュワード

読書

キシュワード

きしゅわーど

田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物。

パルス王国の武将で万騎長(マルズバーン)の一人。二つの剣を振るう姿から「双刀将軍」の呼び名を持つ。謹厳実直な性格の持ち主。王太子アルスラーンとはスルーシ、アズライールの2羽の鷹を通じて、以前より親交を重ねている。