キスの日

社会

キスの日

きすのひ

5月23日のこと。

1946(昭和21)年5月23日に公開された映画『はたちの青春』(佐々木康監督)で「日本映画史上、初めてのキスシーン」が登場したとされていることが由来(ただし、実際には日本映画最初のキスシーンを撮影したのは、川島雄三の『追いつ追われつ』である。映画が短編で話題として取り上げられなかったために『はたちの青春』が日本映画史上初のキスシーンとして世に知れ渡った)。

シーンではほんの少し唇を合わせただけだったが、当時の観客にとっては衝撃だったらしく、映画館は連日大賑わいだったという。


なぜ人はキスをするのか?

なぜ人はキスをするのか?