キハ81系

一般

キハ81系

きははちじゅういちけい

キハ80系?と同様、1960年昭和35年)に登場。

最初、上野青森間の特急*1はつかり」に投入されたことから、「はつかり型」と呼ばれていた。

この車両は先頭車に特徴があり、151系と同様、ボンネットスタイルが採用されたが151系より鈍重なスタイルのため、「ブルドッグ」という愛称で親しまれてきた。

1961年にはブルーリボン賞も受賞。

1978年(昭和53年)に全車廃車となった。

なお先頭車は大阪市交通科学博物館に保存されている。

*1:登場時は常磐線経由