スマートフォン用の表示で見る

キボンヌ

ウェブ

キボンヌ

きぼんぬ

希望しますの意。

2000年の夏季オリンピックシドニー大会にて、陸上競技100mハードルに日本代表として金沢イボンヌ選手が出場した。

その名前のインパクトから、多くの人の心に残り、ネット活動家がその名前をもじってウェブ上に「〜希望。」の意味で「キボンヌ」と書き残したところ、その語呂の面白さからシドニーオリンピック後も使われ続け、今ではその語源とは関係なしに、ネット語として一般的に使用され続けるようになった。

DJ OZMAとキボンヌ

DJ OZMAの『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』の歌詞に「希ボンヌ」(キボンヌ)と使われている。また、アゲ♂アゲ♂とはネット用語の「age」ではないかとされており、DJ OZMA2ちゃんねらー親和性が高いと見られている。

使用方法 

2ちゃんねるなど大型BBSで、物品や情報を要求する場合に多く用いられている。

(例:「詳細キボンヌ」)

通常は、半角で記述する場合が多い。

しかし2012年現在では死語と見なされているようだ。