スマートフォン用の表示で見る

キム・サンウ

一般

キム・サンウ

きむさんう

韓国ソンギュングァン大学で開かれたナノテクノロジー学会で『通話中の声を電気に変換する』という技術発表した博士。

環境からエネルギーを供給する方法を模索していた。


この博士の開発した技術は、音を特殊なパッドで吸収し圧縮。

それを振動に変換して発電を行うのである。現在のところ、100デシベルの音量で、50ミリボルトの電気を発生することが可能らしい。

(100デシベル = 電車が通ってるときの高架下の音の大きさ)

「この発電量は、携帯電話を利用するのに十分ではない。今後、さらに発電装置の改良を重ねて行く」と発言している。