読書

キャスリング

きゃすりんぐ

新井素子の長編小説で、「ブラック・キャット」シリーズ第3巻のタイトル。

タイトルの由来はチェスの特殊ルール「キャスリング」。

雑誌掲載

コバルト』(集英社)に2回分載された。

  1. コバルト1994年2月号:前編
  2. コバルト1994年4月号:後編

文庫

  1. キャスリング』前編(ブラック・キャットIII),集英社コバルト文庫,ISBN:4086140160
  2. キャスリング』後編(ブラック・キャットIII),集英社コバルト文庫,ISBN:4086140179

カバー絵:四位広猫/本文イラスト:山崎博海

キャスリング〈前編〉―ブラック・キャット〈3〉 (コバルト文庫)) キャスリング〈後編〉―ブラック・キャット〈3〉 (コバルト文庫)

特記事項

文庫版『キャスリング』後編には、「星へ行く船」の後日談「αだより」が収録されている。