白夜の協奏曲 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

ゲーム

キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

きゃっするう゛ぁにあびゃくやのこんちぇると

コナミより2002年6月6日に発売されたゲームボーイアドバンスアクションゲーム

Wii Uバーチャルコンソール2015年1月21日より配信されている。

概要

悪魔城ドラキュラシリーズの一つ。ゲームボーイアドバンスでは『悪魔城ドラキュラ Circle of the Moon』に続いて第2作目だが、ストーリー面での繋がりはない。

ドラキュラII 呪いの封印』でシモン・ベルモンドがドラキュラの呪いを打ち破ってから50年が経った1748年。ベルモンド一族の末裔ジュスト・ベルモンドは、親友マクシーム・キシンから、幼馴染のリディー・エルランジェが何者かに連れ去られたと聞かされる。ジュストはマクシームに案内され、リディーを救うべく不気味に佇む古城へ足を踏み入れる。

ゲームシステムは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』などと同じ2D探索型アクションRPG

ジュストの武器はムチと6種類のサブウェポン。多彩な装備アイテムを取得して装備することでパワーアップしていく。また、魔導書とサブウェポンを組み合わせることで強力な攻撃を繰り出せる「スペルフュージョン」という新システムがある。

クリア後のおまけ要素として、倒したボスと何度でも戦えるボスラッシュモード、マクシームやファミコンドット絵デザインのシモン・ベルモンドでプレイできるモードが用意されている。

2003年に発売された『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』は、2035年の日本が舞台となっており、ストーリー面での繋がりは薄い。