スマートフォン用の表示で見る

キューポラ

一般

キューポラ

きゅーぽら

[英] cupola

キューポラとは、主に以下の4つの意味で用いられる。

  1. 丸天井。円蓋(えんがい)。ドーム。
  2. 屋根の上に設けた小塔。
  3. 鋳物製造で、銑鉄を溶かすのに用いる円筒形の直立炉。溶銑炉ともいう。日本において、キューポラのある街といえば川口市で、川口市の代名詞のようにもなっている。
  4. コマンダーキューポラ。司令塔、または車長展望塔とも呼ばれ、車長や装填手の外部視認用に砲塔上面に設けられた半球状などの突起。