キュアベリー

アニメ

キュアベリー

きゅあべりー

ブルーのハートは希望の印 つみたてフレッシュ キュアベリー!!

アニメフレッシュプリキュア!」のプリキュアの1人。モチーフは「ブルーベリー」。

担当声優喜多村英梨

イメージカラーは色。

「希望」の力に目覚め、キュアベリーへと変身する。

スイーツ王国に伝わる伝説のプリキュアの妖精、ピックルン、ブルンの力を借りて青乃美希が、

「チェインジ!プリキュア・ビートアップ!」の掛け声と共に変身して、キュアベリーになる。通称ベリー。

スラリと伸びた長身、バストと肩を覆うだけの大胆な上半身露出、そしてチョココロネを髣髴とさせる髪型が特徴。

専用妖精ブルンはシフォンの服をつくり出すことが可能。

データ上ではキック力に長けており、戦闘ではしなやかな蹴り技を主体に戦う。

また、ベリーソードを囮に使って敵を惑わすなど知的な戦いを行ったこともある。「ベリーソードは囮よ!」

周囲からの扱い

シリーズ恒例のヘソ出しポジションであったり、ハイニーソックスによる絶対領域持ちだったり、変身前にプリキュアシリーズではご法度だった水着シーン、さらには禁断のシャワーシーンまでお披露目したりするという*1、露骨な大きなお友達ウケを狙ったキャラクターであったが、どういうわけか大きなお友達からの人気は今ひとつで、逆に小さい子からの支持は高いという妙な結果に。

パーソナルカラーが青色であること、個別武器がソードであること、しかも必殺技発動時のエフェクトのスートがスペードであることから、仮面ライダーブレイドとダブるため非常にネタにされやすい(仮面ライダー剣の方もネタの宝庫であるためなおさら)。

さらに、キュアピーチキュアパインが早々にパワーアップアイテムの獲得に成功する中、ベリー一人だけ中々ベリーソード覚醒のきっかけをつかめず初期必殺技のままの状態が続いたり、桃園ラブのためを思って心を鬼にし存在を完全否定した東せつなイースキュアパッション)が結局ラブととてつもなく深い仲になってしまったり、中盤以降はほとんどメイン回が回ってこなかったり、母子家庭という並々ならぬ家庭事情にも一切触れられないまま放送が終了してしまったり、物語終盤のプリキュアパワーアップ形態でも、他の三人が天使らしい翼を生やす中、ベリー一人だけ明らかに機械チックで異質な翼が生えたりと、終始不遇な状態が続いてしまった。

このためネット上ではそこかしこでイジられており、キュアアクアをも上回るネタキャラとして定着してしまう。

さらには、プリキュア好きの娘のためにFUJIWARA原西孝幸が幾度となくバラエティ番組でフレッシュプリキュア!の変身シーンを再現したのだが、どういうわけか毎回キュアベリーだけ省くというダメ押しが加えられてしまい、最早完全にネタのプリキュアの座を不動のものとしている

コスチューム・装備

・他のシリーズと違い胸元に大きなリボンが無く、代わりに左胸の部分に桃色・青色・黄色・赤色に塗られたクローバーの形をしたワッペンがあしらわれている。

・両手には青色を基調としたリストバンド、ハートのカチューシャ、ベリーショートのトップスにベリーショートのパニエスカートのツーピース構成。

・腹部が露出しており、右腰の長いリボンと黒いオーバーニーソックスが特徴。

・髪型はロールした薄紫色のサイドテール。

・必殺技の掛け声は「悪いの悪いの飛んで行け!」である。

・リンクルン…変身、「キュアスティック・ベリーソード」呼び出し用

・キュアスティック・ピーチロッド…「プリキュア・エスポワールシャワー・フレッシュ」用。

クローバーボックス…「ラッキークローバー・グランドフィナーレ」用。シフォンに聞かせることでも効果を発揮する。

必殺技

☆単独必殺技(本作の初期技はバンクがない。)

プリキュア・エスポワールシャワー

手をスペードの形にして放つ青い光線で浄化する。

プリキュア・ラブサンシャイン・フレッシュ

響け!希望のリズム! キュアスティック・ベリーソード!

キュアスティック・ベリーソード使用時の技。

第17話で習得。スティックの先端でスペードを描き、青色のスペード型のエネルギー光弾を発射し、敵を包み込んで浄化する。

☆合同必殺技

プリキュア・キック

空中から繰り出す強力な飛び蹴り。

人数によってダブル・プリキュア・キック、トリプル・プリキュア・キック、プリキュアクアドラプル・キックと技の呼称が変わる。

プリキュア・コンビネーション・キックは4人で少し時間差をつけつつ飛び蹴りを食らわせる技。

プリキュア・パンチ

2人で放つ「ダブル・プリキュア・パンチ」、4人で放つ「プリキュアクアドラプル・パンチ」もある

プリキュア・トリプル・フレッシュ

第7話・第8話で使用された初期メンバー3人の合体必殺技。

プリキュア・ラブサンシャイン、プリキュア・エスポワールシャワー、プリキュアヒーリングプレアーを一斉に放つ技。

劇中でこの技の名前は呼称されず、名称はプリキュアオールスターズDXからのものである。なお、同映画では専用の必殺技シーンが存在する。


ラッキークローバー・グランドフィナーレ

第37話から使用される4人の合体必殺技。

ピーチ「クローバーボックスよ、私達に力を貸して!」

クローバーボックスから放出された光がリンクルンに力をもたらす。

ピーチ「プリキュア・フォーメーション・レディーゴー!」

4人で走り始める。

パッションハピネスリーフをセット。

パインがプレアーリーフをセット

ベリーがエスポワールリーフをセット

ピーチがラブリーリーフをセット、四つ葉のクローバーマークを完成

4人で「ラッキークローバー・ッグランドフィナーレ!」

マークの中心部で巨大な水晶に敵を閉じ込め浄化する。強力な必殺技で、ソレワターセをも倒す威力を持つが、第48話ではノーザ・クラインに、映画ではトイマジンに破られている。なお、リーフをパスされた際は「プラスワン!」という掛け声が間に入る。また、投げる直前には、自分の前に居るプリキュアの名前を呼んでパスする。

キュアエンジェル

・全員背中に大きな翼が生え飛行・浮遊が可能になる他、それぞれコスチュームも変化する。また、ピックルン達も全員純白に変わる。ベリーはシャープな翼となる。

*1:しかしそのシーンは保護者から不評だった事が「プリキュアぴあ」で明かされた。