キュビズム からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

キュビスム

きゅびすむ

ポール・セザンヌの影響により、パブロ・ピカソジョルジュ・ブラックによって生み出された絵画における形態と構成における革命をおこした集団を内包する芸術概念。

後に、さまざまな芸術家によって改良が加えられ、初期段階をセザンヌキュビスムとすると、分析的キュビスム、総合的キュビスムと発展していった。

フォーヴィスムと並び20世紀の芸術の原点と呼べる2大潮流の一つである。