キュリウム

原子番号
96
元素記号
Cm

放射能研究で有名なキュリー夫妻にちなんで命名された。

1944年シーボーグらにより、プルトニウム239にα粒子(ヘリウムイオン)を衝突させて人工的に作られた。

2011年東日本大震災に伴う福島原子力発電所の事故を受け、同県の土壌から放射性物質キュリウムが検出された。人体には吸収されにくいとされる。